2020.5.30.能勢 三草山

  • 2020.05.30 Saturday
  • 17:30

JUGEMテーマ:ハイキング

緊急事態宣言が解除されたが、いまだに他府県への訪問は自粛ということになっている。ということで同じ大阪府内の能勢の三草山に初めて行ってみることにした。(もっとも毎日通勤で大阪府から兵庫県に通っているのだが)

能勢町は大阪府の最北の町で、昔小学校では「大阪のチベット」「栗、炭、寒天、猪、熊?の産地」と習った。市街地に住んでいる者からすると、山奥の冬は寒い僻地というイメージである。しかし現地へ行くと結構平地が広がっていて田畑が多く、田舎には違いないが山奥というところではない。古くから交通の要衝として重要な土地であったようだ。摂津北部から丹波篠山へ抜ける道、また摂津北部から亀岡へさらには京都へ抜ける街道筋が重なるところであった。
今でこそ大阪の北端の僻地という感じだが、非常に古くから開けていた土地で、三草山にかつてはあったという清山寺は1400年前に百済から来た僧が建てた寺院だそうである。1400年前といえば飛鳥時代、聖徳太子の時代である。そのころから栄えていたのだから決して僻地でなく重要な土地であったようだ。
09:47自宅を出発し10:41慈眼寺横に到着。車は道路脇に少し広いところがあり、4台ほど置ける場所がありそこに駐車した。慈眼寺にも駐車場があるのだが遠慮した。
   
登山口
登山口道標
   
少し歩くと三草山への標識がありそれに従い登っていく。20分ほど舗装した農道を行く。
  
三草山説明板
三草山説明板
   
11:08ゼフィルスの森の標識があるところに着く。この辺一帯がゼフィルスの森として保護されており、立ち入れないように柵が張り巡らされている。ゼフィルスとはミドリシジミ蝶類のことで羽の色が緑や青で金属光沢があり美しい蝶であるらしい。
      
ゼフィルスの森
ぜゼフィルスの森標識と柵
   
ゼフィルスの森
ゼフィルスの森の説明板
     
頂上手前は急坂で少しきついが11:22三草山頂上(564m)に到着。休憩し昼食をとる。頂上は広く、これなら寺院も立てられそうである。青葉の美しい木々が茂っている。
   
三草山頂上
三草山頂上
     
三方は木々で見晴らしがきかないが一方向は開けている。丹波方面の山々、川西の町や遠くは大阪方面まで見渡せる。
    
丹波の山々
丹波の山々
    
川西・大阪
川西の町、大阪遠望
         
 11:49頂上出発し反対方面に下る。下り始めはこちらも急坂である。
                   

下り道

下り道
     
12:03サイノカミ峠に到着。ここは古来交通の要衝だったそうで、多くの道が交差して六叉路になっている。しかし何故か肝心の道路標識・案内板の表示がいまいちで、どの道を行けば慈眼寺に戻れるのか分かりにくい。スマホのヤマップで自分が歩いている道を確認出来たのでなんとか帰り道が分かった。
   
サイノカミ峠
サイノカミ峠   
   
サイノカミ峠説明板
サイノカミ峠の説明板
     

棚田

 山麓の長谷の棚田 日本棚田100選のひとつ

     

12:34慈眼寺横駐車地点に到着し慈眼寺を参拝する。この寺も由緒があり、小さな寺だが手入れの行き届いた庭が美しい。囲まれた塀の外に狼の像がある。この狼は日本昔話にも出てくる狼で観音様の化身だそうである。
   
慈眼寺入り口
慈眼寺入り口
   
本堂
観音堂   
    
住職住居
住職の住居?
   
庭
狭いながらも奇麗な庭
    

狼

   
観音様の化身の狼
   

三草山地図

                 
参拝をすませ12:54出発し13:30無事自宅到着。
   

2020.04.11.箕面 最勝ヶ峰

  • 2020.04.11 Saturday
  • 14:43

JUGEMテーマ:ハイキング

新型コロナウィルスの緊急事態宣言で不要不急の外出自粛になっているが、ジョギング、散歩はOKということらしい。

ハイキングはどうだろうか。大勢でワイワイ言いながらの行動はまずいと思われるが一人で静かに歩く分には構わないだろうと判断し、かつ他府県まで出向くのは気が引けるので、また地元の箕面をうろうろすることにした。

いつものように箕面ビジターセンターに車を置いて東海自然歩道及び自然研究路を歩いた。最近の傾向で、皆考えることは同じなのか普段より駐車場が混むようになっている。車を置けないとまずいので少し早めに行き、10:00から歩き始めた。ここのビジターセンターは東海自然歩道西の端で、東京の高尾山が東の終点になっている。下の写真の階段が正に自然歩道の起点である。

       

起点

東海自然歩道起点

            

東海自然歩道という名前からすると、楽しい散歩道のようなイメージだが、確かに道は整備されているが結構厳しい道である。歩き始めてすぐに急な岩の登り坂になる。そしてさらに急な階段の道が続く。楽な散歩道のつもりで来た人は面食らうかもしれない。

しんどい山道だからか、少し行くたびに休憩のためのベンチが何か所も置いてある。

   

東海自然歩道始まり

東海自然歩道登り始め

   

自然歩道2

東海自然歩道急な階段

      

4月も中旬になり道沿いにはツツジがたくさん咲いていて春らしく楽しい道である。

       

ツツジ

ツツジが花盛り

   

最勝ヶ峰

最勝ヶ峰頂上

   

10:39最勝ヶ峰到着。最勝ヶ峰は勝尾寺のすぐ裏山で、頂上の少し先に勝尾寺を建立したという開成皇子のお墓があり、小さなお墓だがそれなりに風格のあるお墓である。  

      

墓説明

頂上の墓の説明板

    

墓

開成皇子のお墓

 

開成皇子の墓には10:41到着し、ここで少し休憩した。頂上かお墓の前くらいにベンチがあるかと思ったが何もないので石に腰かけて休憩した。

        

頂上から下り

頂上からの下り

  

少し休憩した後、尾根道を下り11:06自然研究路8号線に入り下っていく。この道も結構急な道である。

      

8号線案内板

周辺案内板

    

8号線

自然研究路8号線下り道

   

11:19勝尾寺園地に到着した。桜がほぼ満開で華やかな感じだ。ここの園地は紅葉の隠れた名所で、その時期にはよく来るのだが、桜の時期も結構きれいで隠れたお花見スポットである。ひっそりと静かなお花見を楽しめた。人は少なく何組か家族連れがお弁当を広げていた。

ここで桜を鑑賞しながら休憩と昼食をとった。

         

勝尾寺園地

勝尾寺園地の桜

 

11:56出発し勝尾寺の前に向かう。勝尾寺の入り口の前から自然研究路5号線が始まっている。行ってみると入り口前の枝垂桜が満開で奇麗だった。勝尾寺は今が枝垂桜の満開の時期らしく外から中を覗くと、山門横の大きな枝垂桜も満開であった。今日は寺の中には入らないつもりで来たのでそのまま5号線に向かう。 ★勝尾寺の枝垂桜

                     

勝尾寺前

勝尾寺入り口前の枝垂桜

   

5号線会談

自然研究路5号線入り口の階段

 

自然研究路5号線もいきなり急な階段で始まり結構しんどい。しばらく登ると緩やかな階段になり、途中から分岐を右に曲がりビジターセンターの方へと向かう。

         

5号線2

5号線階段の続き

    

5号線ツツジ

5号線のツツジ

     

BC駐車場

ビジターセンター駐車場 満杯

 

12:23ビジターセンター駐車場に戻った。来た時はまだ空いていたが満杯状態になっていた。本来停める場所でないところまで車を停めていて、これまでになく混んだ状態で、外出の行き場に困った人がたくさん来ているのだと思われる。

     

     

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM