2019.12.21.湖北 賤ヶ岳

  • 2019.12.21 Saturday
  • 21:36

JUGEMテーマ:ハイキング

きょうは戦国時代の歴史の舞台となった琵琶湖北端の賤ヶ岳を訪れた。織田信長亡き後、後継者の座を争った豊臣秀吉と柴田勝家の決戦の舞台となった山である。余呉湖と琵琶湖の見晴らしが良い山でもある。

08:09出発、名神高速、北陸自動車道を走り木之本ICで降りてしばらく下の道を通り10:22余呉湖観光館駐車場に到着した。

        

駐車場

余呉湖観光館

     

トイレ、準備をすませ10:27駐車場出発。登山道はなだらかな道が杉の森の中に通っており道幅も広い。登山というより森林浴のコースに近い。道の途中には古戦場跡らしく、中川清秀の墓、首洗いの池、猿が馬場等の説明板が随所に立っている。

  

登り口

登りはじめのなだらかな道

     

11:18少し疲れたので休憩、11:27出発。このあたりから頂上までは少し急な道になる。頂上の手前には熊出没注意の看板が立っている。最近は全国的に人里近いところに熊が出てきてよくTVのニュースになっているが、ここでも熊が出るらしい。

 

熊注意

  熊 出没注意!

       

11:46賤ヶ岳頂上到着。頂上には立派なトイレが立っている。ここのトイレはバイオトイレになっているが冬期は閉鎖中と書かれている。頂上は少し広めの公園風になっていて片隅に武者の銅像が立っている。何か疲れたような様子の銅像なので秀吉ではなさそうだ。家に帰ってからネットで調べると、ここの戦いに敗れた柴田勝家の銅像とのことであった。

      

頂上トイレ

賤ヶ岳頂上 バイオトイレ 冬期閉鎖中

    

  柴田勝家 

   敗軍の将柴田勝家の銅像

         

頂上で休憩・昼食をとり、余呉湖および琵琶湖の景色を堪能する。

      

余呉湖

頂上より余呉湖を見下ろす

   

頂上広場

頂上の広場

   

琵琶湖

琵琶湖北湖の北端の入り江

    

賤ヶ岳合戦場の碑

史跡の碑

   

砦の図面

賤ヶ岳砦跡図面

   

12:23頂上出発し麓の余呉湖に向かい山を下る。12:50余呉湖湖畔に到着。すぐ横に余呉湖莊があるが寂れた感じで閉鎖されているようだ。ここから湖畔沿いの道路を湖を半周して駐車場に戻る。湖畔には桜の木が多く植えられており、春には素晴らしい眺めだろうと思われる。ふと見るとアスファルトに苔が生えている。この苔は何を栄養にして生えているのだろうとふと疑問に思った。アスファルトに限らず岩の上にもよく苔が生えているがあらためて考えると不思議だ。雨水だけでは生長しないだろう。

        

余呉湖湖畔到着

余呉湖湖畔到着

   

水鳥

水鳥たち 鴨、鵜  岸にはトンビもいる

           

13:32駐車場に到着、 13:38駐車場を出発し 15:46帰宅した。

   

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM