2019.12.28.箕面 明ヶ田尾山

  • 2019.12.28 Saturday
  • 22:21

JUGEMテーマ:ハイキング

今日は遠出せずに近場の箕面の奥山の明ケ田尾山に久しぶりに登った。

11:07ビジターセンターに車を置いて箕面川ダムへ向かう。箕面川ダムはビジターセンターのすぐ上にある治水ダムで、ロックフィルダムなのでダム本体がやたら大きいのが特徴である。

   

ビジターセンターから

ビジターセンターから箕面川ダムへの登り始め

   

11:15箕面川ダム到着。以前はダムの上からダム湖に降りることができて、ゴムボートを持ち込んで魚釣りをしている人が何人もいたが、今は入れないように高い柵がしてある。何か事故でもあったのだろうか。

   

ロックフィルダム

ロックフィルダムのダム本体

  

柵がしてあるので柵の隙間から写真をとったが、冬場でそれほど水量は多くない。箕面川は本当に小さな川だが、貯まればこれだけの湖になるし、少し下流箕面の滝のように水量豊かな滝にもなる。ダム湖の上の川の流れは本当に田舎の小川という感じだが、大雨が降ると多分水量が一気に増えるのだろう。

 

ダム湖

ダム湖

    

ダム湖の横に道路が走っており、その道路を歩いて梅ヶ谷入り口まで行き、谷を遡り鉢伏山に登り引き続き明ヶ田尾山に行くつもりである。11:42梅ヶ谷入り口に着く。そこに行くと「この先危険」「ルート消滅」と立て看板が立っている。どこの山も同じだが、ここも去年の台風でおそらく山がかなり荒れているのだろう。ともかく行くだけ行って判断しようと思い覚悟をして登って行った。

梅ケ谷経由で鉢伏山に登らず、自然研究路6号線で登った方が良かったかもしれない。しかし、自然研究路も行ってみないとどういう状態か分からないが。

     

梅ヶ谷入り口

梅ヶ谷入り口標識

   

説明板

説明板

   

谷の状態

谷の状態

 

確かに谷はかなり荒れており道が分かりにくい状態だが、特に危険な場所はないようである。人の踏み跡と赤テープを目印に登って行った。山に慣れていない人は難しいだろう。時々、下の写真のようにきれいな山道があるところもあり、そういう所に来るとほっとする。

   

きれいな道

きれいな道

   

しばらく苦労しながら登ったが、鉢伏山への登り口と明ヶ田尾山への登り口の分岐点に来た。ここでまた鉢伏山への道は危険で、標識の鉢伏山の名前の上にX印が書いてある。見たところ鉢伏山へ登る道がどこかも分からない荒れた状態で、鉢伏山へ行くのはやめて明ヶ田尾山へ向かうことにした。明ヶ田尾山への道もはっきりとした道は認められず、ここまで来たらともかく明ヶ田尾山へ通じる尾根道に出ることを目標に上へ上へと登り、12:37尾根道に出た。

   

鉢伏山分岐

鉢伏山分岐

                

尾根道

鉢伏山・明ヶ田尾山間の尾根道に出た

 

尾根道に出たが、現在地がどの辺か正確には分からない。位置的には右へ行けば明ヶ田尾山だろうと思われ、右へ行くとどんどん下る道になっている。おかしいなと思い、戻って左側へしばらくあるくと五月山6.2kmという標識がある。これはおかしいのでまた右へ進みどんどん道を下る。  

     

五月山への標識

五月山への標識

      

12:49正しい梅ヶ谷の分岐点に到着。ここにあった案内地図を見ると、尾根道に出た場所は本来梅ヶ谷を上り詰めたところより、やはり少し左側西寄りだったようだ。面倒がらず地図を出して尾根道の上り下りを確認すれば何ということもなかったのだが、自分の地図の記憶で行動してしまったのであたふたすることになってしまったようだ。

     

案内地図

   

13:04尾根道を下りきったところで三叉路の分岐点に着く。右に下れば高山集落、まっすぐ登れば明ヶ田尾山への分岐点である。

       

三叉路

鉢伏山・明ヶ田尾山・高山集落 三叉路

     

13:10明ヶ田尾山(アケタオヤマ)頂上無事到着。ここで 休憩・昼食をとる。今日初めて分かったのだが山の名前は「アケタオヤマ」であった。今まで「アケガタオヤマ」と読んでいた。「ケ」は「ガ」で「明」は「アケ」と読むのだと思い込んでいた。ところが頂上にMt.Aketaoyamaと書いた標識があったので初めて知ったのである。またこの山は箕面の奥山でなく豊能町の山であった。

箕面から歩き始めて境界を越えて豊能町に入っているのだった。

ふと気がついたのだが、今日は一人も人に会っていない。(山を下るまで誰にも会わなかった)高山集落の里山になる山だが静かな山である。

   

頂上

明ヶ田尾山(アケタオヤマ)

   

13:51頂上を出発し、少し歩きにくい道を下り、まもなく14:09高山集落に着く。高山集落からはあっという間に登れる山なのだ。今までの苦労が嘘のようであった。

      

山麓

山麓 登山口

   

14:14高山右近生誕の地石碑。ここ高山集落はキリシタン大名として有名な高山右近の生誕の地である。またかつてのキリシタン関連の歴史的遺産があちこちにのこっている集落である。それほど大きな集落ではないが、高山城址もあるので、この地ではそれなりの勢力のある集団であったのであろう。

   

高山右近生誕の地石碑

高山右近生誕の地石碑

   

高山集落

高山集落

   

ナンテン

綺麗なナンテン

   

高山高札跡

高山高札跡

    

14:17高札跡。このあと箕面へ通じる道路に出て、ひたすら道路を歩き、箕面川ダム経由で15:29ビジターセンターに到着した。

      

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM