2020.02.15.めいほうスキー場

  • 2020.02.16 Sunday
  • 13:03

JUGEMテーマ:スキー&スノボー

暖冬でどこも雪がない。いつもよく行くびわ湖バレイはボロボロだが、1週間前の寒波でなんと全コース滑走可能になった。なったと思ったら数日続いた「暖波」であっというまに溶けてまた一部のみ可能になった。(2/16には滑走不能になった)

岐阜県奥美濃のめいほうスキー場はHPによるとほとんどのコースが滑走可能と書かれた状態が続いている。売り物の山頂から5,000mのコースも滑走可能が続いている。

ということで、めいほうスキー場に行くことにした。ネットで調べると道路も積雪・凍結はないようだ。名神高速・東海北陸自動車道を走り、国道428号を通りスキー場近くに来ても周りの山に全く雪が無い。道路も全く雪が無く、道路横にも雪の残りも無い。こんな状態で本当にスキー場に雪があるのか不安になったが、スキー場に到着すると下の写真のように周りの山に全く雪が無いのだがスキー場のコースのみに雪がしっかりある。苦労して人工雪でコースを作ったのだろうと感心した。

     

ゲレンデ基部

スキー場下からゲレンデ全体を望む

              

まず第1クワッドリフト、第2クワッドリフトと乗り継いでゲレンデの頂上まで行くことにした。

天気は薄曇りだが、頂上は見晴らしが良く、北アルプスと乗鞍岳、御岳が正面に綺麗に見える。

       

頂上から北アルプス

ゲレンデ頂上から北アルプスを正面に見る

         

α5000出だし

北アルプスを見ながらα5000を滑り始める

              

頂上からα5000コースを滑る。ここのスキー場のコース名には頭にα、β、γとあり、αは初級、βは中級、γは上級でその後ろの数字はコースの距離を示している。α5000は初級で5000mのコースということで、ここのスキー場の看板コースである。HPでは初級者からエキスパートまで満足出来るコースと書いてあるが、エキスパートはともかく私くらいの年配者にもやさしいコースと言えるだろう。初級コースだが、よくあるてれてれの直滑降しか滑りようのないコースではなく、そこそこの斜度のある気楽に楽しめるコースになっている。5km滑るとそれなりに足も疲れる。

          

α5000-1

α5000上部1

        

α5000-2

α5000上部2

           

レストハウス前

α5000中部 レストハウス前

           

α5000を2本滑り、その跡はβ1000のコースを滑った。程よい斜度の中級コースで第4クワッドリフト沿いにある。この第4クワッドリフトは目立たないのか、いつも空いており4人乗りリフトなのに1人ずつ乗っている。

          

β1000上部

β1000上部

        

β1000下部

β1000下部を見下ろす 下に見えるのがリフト乗り場

             

β1000を何本か滑り滑走距離も15kmを超え、昼頃になり雪質も悪くなってきたので切り上げて帰ることにした。

       

   

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM