18.11.23.丹波 御嶽・西ヶ嶽

  • 2018.11.23 Friday
  • 17:29

JUGEMテーマ:ハイキング

今まで御嶽(みたけ)には何度か登っているが、いつも御嶽とその東にある小金ヶ嶽に登っていた。

ガイドブックではこの2つの山を紹介しているのが多いからである。今日は御嶽とその西にある西ヶ嶽に初めて登る予定である。
小金ヶ嶽、御嶽、西ヶ嶽の三つを三岳と呼ぶそうだ。御嶽のことを三岳とも書く場合もあるのでややこしい。またこの山並みを多紀連山とか多紀アルプスとも呼んでいるようで、かつては修験道の修行の場として大いに栄えた時代もあるらしい。


07:17自宅発 中国自動車道・池田ICのかなり手前から中央環状線が渋滞、さらに中国道に入ってからも宝塚ICの先まで渋滞。そんなに遅い時間とは思わないが、もう1時間早く出ないといけないのかもしれない。
09:15予定より1時間近く遅く登山口の大たわ(漢字は山偏に定)の駐車場に到着。
09:26準備をして歩き始める。始めはなだらかな登りだったが、暫く行くと急な階段の登りになり延々と続く。階段の登りはしんどいが、道がかなり急なので階段が無いと確かに登りにくいかもしれない。我慢して登る。

山麓は紅葉していたが、このあたりから上の木々は既に葉を落としており冬景色である。

 

階段の道

階段の道 写真で見るより実際はもっと急

 

昨日、山の天気予報をネットで調べると、御嶽は天気曇り気温2〜3度、風は12mとなっていたので、ジャケットの下に薄手のセーターを着込んで登ったのだが、風はほとんど無く、気温も分からないが感じとして7〜8度位だろう。かなり覚悟して来たのだが、おかげでかなり汗をかき、途中でセーターを脱いで登った。
10:04御嶽頂上下の石室に着く。結構大きな石室で修験道華やかなりし頃の名残である。この中には役行者が祀ってあるのだがあまり見栄えのしない像が鎮座している。

 

 

石室

役行者を祀っている石室

 

ここから頂上はすぐで、10:06御嶽頂上に到着する。

 

御嶽頂上

御嶽頂上

 

少し休憩し10:15出発し、西ヶ嶽を目指し急な下り坂を降りていく。ずっと尾根道を縦走していくのだが、幾つもピークがありこの後急なアップダウンの連続で結構しんどい。このためガイドブックではお勧めではないのかもしれない。山腹を巻いて行く道があれば大分楽だろうと思うが、正直に尾根の上だけを道が通っているので、いちいちピークを越えて登り下りするのだ。(途中誰にも会わず、頂上に着いて御嶽まで戻る間も誰も来なかった。)途中西ヶ嶽が見えたがなかなか秀麗である。

 

西ヶ嶽遠望

西ヶ嶽遠望


10:38尖った岩のあるところに着いた。ガイドブックではここで休憩タイムと書いてあったが、まだ23分しか歩いていないのでこのまま西ヶ嶽まで行くことにして歩き続けた。

 

尖った岩

尖った岩

 

11:03西ヶ嶽頂上に到着。立派な標識があり来た甲斐があった。

 

西ヶ嶽頂上

西ヶ嶽頂上

 

振り返ると御嶽が見えるが、御嶽も立派な山である。どちらの山もなかなか見栄えがする。ここで休憩し昼食をとった。誰もいない静かな山で、心が安らぐひとときであった。

 

御嶽遠望

御嶽遠望

 上の写真で分かる様に、御嶽と西ヶ嶽の間に5つピークが見える。これらの斜面の傾斜にそった道を真っ直ぐ登り下りする。

 

11:41頂上を出発し御嶽に向かう。またあのアップダウンの道を行くのかと思うと気しんどいが頑張って歩く。苦労して12:31御嶽に帰り着く。小休止後12:40出発し、来るときに登った急坂を下り13:11大たわの駐車場に帰り着く。

登山靴を履き替え13:16出発。帰りは渋滞も無く14:39無事帰宅した。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM