18.12.2.マキノ メタセコイア並木道・赤坂山

  • 2018.12.02 Sunday
  • 18:19

JUGEMテーマ:ハイキング

今回は琵琶湖北部のマキノ高原にあるメタセコイア並木の紅葉を見るのが目的で、ここまで来るならすぐ北にある赤坂山についでに登ろうという計画である。
マキノのメタセコイア並木は1981年(昭和56年)から翌年にかけ、長さ約2.4kmに渡って約500本植栽されたそうで、今では大木に育って素晴らしい並木道になっている。新・日本街路樹百景の一つだそうだ。
気になるのは、たまたま見ていたテレビでこの並木の紅葉を放映しており、NHKも民放もやっていた。これは下手をすると、どっと人が押し寄せると思い、予定より1時間早く6時過ぎに家を出た。それでも8時過ぎに、並木道の入り口のマキノピックランドの駐車場に着いた時はほぼいっぱいであった。危ないところであった。
メタセコイアは紅葉というより枯葉状態なのだが、並木になってずらりと並んでいるとそれなりに美しい。日本でないような景色である。
      

メタセコイア並木道1

メタセコイア並木道入口
              
メタセコイア並木道2
メタセコイア並木道
      
メタセコイア並木道4
同じくメタセコイア並木道
   
   赤坂山への登山口はマキノスキー場だが、このスキー場は昭和の初めからある関西スキー場の老舗で有名なスキー場である。スキーをしない子供の頃でも、神鍋、箱館山、マキノの名前は知っていた。しかし初心者用・ファミリースキー場という性格のため訪れたことはなかった。今回紅葉のメタセコイア並木道を見に来て赤坂山に登ることが無ければオーバーだが一生来ることはなかったと思う。
現在は、地元マキノ高原のHPによるとリフトを全撤去し「雪遊び」・「ソリ遊び」・「スキーデビュー」などお子様&ファミリーゲレンデ:子ども王国に思い切った変身をしたそうだ。確かにリフトはなくなっていた。
また、大人の雪遊びスノーシュートレッキングの拠点としても人気らしい。割り切れば大きな変身が出来るものだと感心した。
      
マキノスキー場
マキノスキー場・キャンプ場
      
赤坂山(823.8m)は関西百名山の一つで山と渓谷社の花の百名山にも選ばれている。今は12月なので花は望めないが、マキノ高原から赤坂山自然遊歩道が整備され日帰りトレッキングの山として人気があるとのこと。
駐車場からマキノスキー場・キャンプ場の横を通り登っていくと、キャンプ場の終わりに登山口があった。ここから登山道に入る。すぐ私の嫌いな階段の道になり、できるだけ階段横の地道の斜面を選んで登る。急な階段が終わると比較的なだらかな登りになり、登り始めて50分程で頂上迄の中間地点の立派な東屋に着く。
  
東屋
東屋
  
ここで少し休憩した後、再び歩き始めると綺麗な水の沢沿いの道になり、流れの音が耳に心地よい。日本庭園のなかに作った小川のような沢で、夏なら冷たい綺麗な水でのどを潤し、目で見ても涼しい感じがして楽しいだろうと思う。
  
綺麗な沢
綺麗な沢
  
赤坂山は花の山だとは知っているが、中腹から上は登山道の両側はイワカガミがそこら中に群生していて素晴らしい。写真ではほんの一部のみ写っているが、生えている数は本当にすごい状態である。今は季節外れで艶々した葉っぱのみだが、5月頃は一面に花が咲くらしく、タイミングが合えば感動ものだろうと思われた。
  
イワカガミ
イワカガミ
  
また50分程で10時半過ぎ赤坂山頂上に到着した。ここで休憩し朝早く起きて出てきたので昼食をとる。見晴らしもなかなか良い。
ここも先月登った三国峠と同じく高島トレイルの中のピークらしい。表示の角棒が頂上に立っている。たまたま続けて高島トレイルの山に来たらしい。
  
赤坂山頂上
赤坂山頂上
  
頂上より琵琶湖
頂上より琵琶湖を望む
  
休憩・食事後今来た道を下り、約1時間半で駐車場に戻った。
帰りにメタセコイア並木まで行くと渋滞して全然動かない。しようがないのでUターンし反対に道をとり、迂回して遠回りに161号線に出た。ところが暫く行くと161号線もなぜか渋滞しておりノロノロ運転になった。反対車線を見ると161号線からマキノ高原方面に出る分岐からずらりと車が渋滞して並んでいる。おそらくメタセコイア並木からずっと渋滞しているものと思われる。テレビ恐るべしである。それを通り過ぎてやっと湖西道路に入ったが、なぜかここも渋滞しており結構時間がかかった。ひょっとしてメタセコイア見物帰りの車で混んでいたのだろうか。予想よりかなり時間がかかり15:13ようやく帰宅した。
  
(行程)
06:05自宅発→08:11マキノピックランド→並木鑑賞後→08:36マキノスキー場駐車場到着→08:40マキノスキー場駐車場出発・赤坂山に向かう→08:45マキノ高原スキー場・キャンプ場→09:33頂上迄の中間地点の東屋→09:43東屋出発→10:32赤坂山頂上到着(休憩・昼食)→10:52頂上出発→11:26東屋まで戻る(休憩)→11:41東屋出発→12:06マキノスキー場到着→12:17駐車場到着→12:23駐車場出発→帰り渋滞各所→15:13帰宅
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM